• トップ /
  • 賃貸の家探しで広さをチェック

賃貸家探しで広さを確認

賃貸の家探しで広さをチェック

家探しでは畳の規格にも注意

家探しで賃貸物件広告を閲覧すると、その物件の広さが記載されています。広さは、平方メートルや和室であれば畳数でしるされたいることもあります。賃貸物件の広告から情報を得ることはできますが、入居を決めるには現地見学が必ず必要です。家探しで現地見学をすると、賃貸広告ではわからないことが見えてきます。広さに関しても同様です。同じ面積でも、収納部分がしっかり確保されていれば生活に使える空間が広くなりますし、逆に十分な広さがあると思っても収納スペースがなければいろいろな物を室内に出しておくことになり生活スペースは狭くなってしまいます。家探しでは、賃貸物件の広告を見てイメージしていた広さと違っていたということがあり得ます。その理由のひとつに、畳の規格があります。特に和室で、広告に書かれていた畳数でイメージしていたよりも実際に見た室内が狭かったというケースでは、畳の規格を要チェックです。一口に畳といっても、江戸間・京間・中京間・団地間などいろいろな規格があり畳一枚の大きさが異なります。団地間サイズの畳は特に小さめです。家探しで賃貸物件の現地見学をする時には、メジャーを持っていくと広告の内容と比較したり家具などを置く場所のサイズ確認もでき、何かと便利です。

バックナンバー

↑PAGE TOP